資格と免許

現在、様々ある資格の中には、免許と呼ばれる国家資格があり、免許の場合はそれがないと、業務を行う場合に規制がけかけられている資格です。
医療業会における医師や看護師の資格は、この国家資格により認可を受けた免許であり、これがないと医師や看護師の仕事は行えません。
これに対して、看護助手と言われる資格もありますが、これは国が定める国家資格ではなく、民間が発行する資格のひとつで、この資格がなくても、病院などで看護助手として仕事をすることが可能です。
社会人の中には、この看護助手の仕事を医療業会に転職する為のステップとして目指す方が多くいますが、しかし、民間が発行する看護助手の資格は、国家資格である看護師と何の関連性もない為、看護助手として病院での経験をいくら踏んでも、それが看護師免許の取得に繋がるとは一概に言えないようです。
ですから、様々ある民間資格の多くはそれが求人において絶対に有利になるということはなく、求人において有利なのは国家資格である免許が有利であることは間違いありません。
医療業界では、医師や看護師の他に、放射線技師や理学療法士などの免許もあり、歯科部門では、歯科衛生士、歯科技工士などの免許が医大に進まなくても、専門の養成校で学ぶことで得ることができます。
いずれにしても、医療業界の資格は他の国家資格と比較すると皆合格率がとても高く、この免許の取得を難題としているのは、資格試験における受験内容ももちろんですが、受験資格を得るための養成校に通うことも難題とされています。
夜間や通信教育のないこの教育期間は、社会人が働きながら勉強することが難しい現状にあります。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

免許 求人 研修